ウィークデイは東京で仕事してるサラリーマンが、夜な夜な書き込む日記です。趣味は、スポーツ観戦、ジム通い、写真、車、庭いじり、読書かな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「家日和」 奥田英朗 ~ おれってこんなの好きだったんだ!


先日レビューで書いた石持浅海に続いて、再びほのぼの路線です。
この1年くらい「人殺し」、「戦争」、「麻薬」、「暴力」ばかりを読んできたせいか、心がそういうものを求めていたのかも知れないなって思ってます。

最近コメントをいただいた「こうめ53号」さん のBLOGのお勧め本にしたがって読んでみたんですが、まあ、ツボにはまりました。6編の短編が収まってるんだけど、特に良かったのは、「家においでよ」です。どの書評でも、これは絶賛されてるんで、皆さんもきっと気に入るんじゃないかな?

いつもは、「うっとおしい」って思ってる妻にも、少しはやさしくしなきゃいけないな、って反省しました。
(一瞬ですが)

>かみさんへ、「しょうがない亭主で悪い」の★★★★★
スポンサーサイト
二度目の「空中ブランコ」 奥田 英朗


このBLOGを書き始めた理由は、読んだことを忘れて何度も同じ本を買ってしまうのを避けるため。なんだけど、久しぶりにやりました。

空中ブランコ 奥田 英朗 2度目の購入です。

始めの5ページくらいで気がついた。多分3-4年前かな?読んだのは。2度目なのに、メチャメチャ新鮮だった。

この人、人間を書くのがうまいね。
主人公(?)の伊良部のキャラが面白いんだけど、伊良部を通して、周りの人間の心を描き出すテクニックが抜群です。

脱帽の★★★★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。